ホーム > よくあるご質問

よくあるご質問

特徴について

 

種類について

 

性能について

 

使用方法について

 

互換性について

 

その他

 

特徴について

無線機の特徴は何ですか?

最大の特徴は、一度に大多数の人と通信できることです。
一度に多くの人へ発信することができることは無線機ならではの特徴です。
また、どこにいても電波がある限り通信を行うことができますので、アウトレジャーに出かけても、携帯電話の電波が届かないようなところでもお互いに連絡が取り合えます。

携帯電話との違いは何ですか?

携帯電話も無線で相手と通信することができます。しかし、携帯電話では、特定の相手としか通信することができません。最近ではプッシュトークという携帯電話の機能もありますが、通信可能な人数に制限があります。しかし、無線機であれば、大勢の人と通信することが可能となります。

種類について

インカム、トランシーバー、無線機は違うものなのでしょうか?

基本的には、どれも同じものを指していますが、使用するシチュエーションで呼び方が違うようです。
【インカム】
 ヘッドセットなどを使用してハンズフリーで使用する場合に呼ばれます。
飲食業やサービス業などで呼ばれる事が多いです。
【トランシーバー】
 トランシミッター(送信機)とレシーバー(受信機)からできた複合語です。
警備やイベント業などで呼ばれる事が多いです。
【無線機】
 当店では主に無線機と呼ばれる中の「特定小電力トランシーバー」を取り扱っております。
運輸業や工場などで呼ばれる事が多いです。

無線機にはどのような種類がありますか?

大きく分けて下記の3種類があります。
【特定小電力トランシーバー】
 比較的小型で電波の出力が小さく、数百m以内の狭い範囲での利用に適しています。
免許は不要です。ご購入後すぐにお使いいただけます。
【簡易業務用無線機】
 電波の出力が大きく、約1~3km程度の範囲で通話ができます。
利用には、免許の申請が必要となります。
【一般業務用無線機】
 警察や消防、救急など公共性の高い業務で利用されています。
利用には、免許の申請が必要となります。

※インカムやトランシーバーは、特定小電力トランシーバーに該当します。
※当店では簡易業務用無線機、一般業務用無線機も取り扱っております。ぜひお問い合わせください。

性能について

電波はどのくらいの距離まで届きますか?

周囲の状況(建物や山など)により異なりますが、一般的な目安は下記になります。
見通しのよい場所:約2km
郊外:約1〜2km
高速道路:約500m
市街地:約100〜200m

もう少し離れた距離で使用したいのですが、なにか良い方法はありますか?

「ここでは通信できるのに、数十m離れると電波が届かず通信ができない」というケースがあります。
そんな時は、中継器を利用して電波の届く距離を延長する事で解決できます。
機種によっては中継器を利用できるもの、出来ないのもがありますので、その際はぜひお問い合わせください。

使用方法について

どのような使用方法がありますか?

製品が持つ機能にもよりますが、主な使用方法は下記になります。
【交互通話】
基本的な使用方法で、送信と受信を交互に行なう通信方式です。
【同時通話】
交互通話ではなく、通常の電話のようなイメージでお互いに会話ができます。
【グループ通話】
グループトーク機能を設定することで、同じチャンネル・同じグループ番号に設定している相手のみで会話ができます。
【個別通話】
個別通話機能を設定することで、例えばある担当者だけと通話したい場合など、個別に呼び出し、会話することができます。
【エマージェンシー機能】
エマージェンシー機能を設定することで、緊急事態がおきた際にエマージェンシー信号を通話対象者に一斉操船することができます。

雨が降っている中でも使用できますか?

防水性や防塵性に優れた機種もございますので、使用される環境により機種をお選びください。
【防水性】
雨中での使用はもちろん、生活防水や水没にも対応する機種がござます。
【防塵性】
ほこりや粉塵が舞う環境下でも使用可能な機種がございます。
【堅牢性】
誤って落下させてしまった場合でも壊れにくい強固な構造な機種がございます。

ハンズフリーで使用することができますか?

オプション品のヘッドセットなどを本体に接続することで、両手を自由に使いながら通信をすることができます。
また種類によっては、しゃべると自動的にスイッチが入りハンズフリーで通信ができるVOX機能や、PTTを押す毎に送受信を切り替え、PTTを押し続ける必要がないPTTホールド機能などがございます。

互換性について

他メーカーとの通信はできますか?

インカムやトランシーバーなどは、無線機でよく言われる「特定小電力トランシーバー」という区分の商品になります。
メーカーが異なる場合でも、同じ「特定小電力トランシーバー」という商品であればお互いに通信することができます。
ただし、メーカー独自の機能などには互換性が無い場合が多いので、事前の確認が必要になります。

その他

無線ダイレクトってどんなお店ですか?

無線ダイレクトは、永年各種無線機を販売してきた中国芝浦電子株式会社が直営するオンラインショップです。
インカム、トランシーバー、無線機など、無線に関することなら無線販売のプロがどんな事でも対応いたします。簡易業務用無線機、一般業務用無線機などのお見積もりも承っておりますので、ぜひお問い合わせください。

他店と比べて価格は安いですか?

各メーカーの一次販売店として、永年各種無線機を販売してきた実績から、他店と比べてもご納得頂ける価格でご提供させて頂いております。